特定建築物定期報告制度

建物の定期報告制度で頭を抱えていませんか?

定期報告制度とは?

特殊建築物の定期報告制度とは、車の車検と同じようなもので、建物の所有者には安全に管理する義務があるということです。報告書を行政に提出する義務があります。

定期報告制度とは?

建物の定期報告制度で頭を抱えていませんか?

  • 定期報告の意味定期報告の意味、必要性がわからない?
  • どのように?いつまでに提出すれば良いのか良いのかか良いのかわからない?
  • 行政からの通知が来ても、どこに頼めばよいのかわからない?
  • 定期報告にかかる費用が不明でわからない?

様々な人が利用する建物は安全ですか?

建物を所有するオーナー様がしなければならない事として、建物を調査して現状の不具合を発見し、改善・改修をした事を報告する義務があります。

オーナー様にとっては経費の掛かる煩わしい制度かもしれませんが、この制度が制定される事により過去に不特定多数の人が利用する建築物での管理不足による死亡事故を死亡事故を起こした事を教訓に教訓にできたのです。この制度の目的は、報告させる報告させる事ではなく建物の不具合を不具合を見つけて是正させる事、不特定多数の人に利用してもらうために安全な管理をしましょうという事なのです。

建築基準法による定期報告制度

建築物を造るときには、建築確認と完了検査によって安全性が確認されます。しかし、その後も建築物やその設備などの安全性を保つためには、日頃の適切な維持管理が重要になります。もし建物や階段などの避難設備・建築設備が老朽化していたり、不備などが生じている場合、地震や火災などの災害が起こったときに大惨事になる恐れがあるからです。また、維持保全が適切になされていないと、思わぬ故障などで人命に危害がおよぶ危険性も高くなります。定期報告制度では、このような危険を未然に防止するために、建築物及び建築設備について、建物を調査資格者が的確な維持管理がされているかどうかを調査・検査して、その結果を報告するという建築基準法第12条で定められた重要な制度です。

定期報告の内容

特定建築物の定期報告

地盤・避難通路・消防車接近道路など敷地の状態・防火設備・廊下・階段・バルコニーからの避難の状態・採光・換気の状態・建築物各部分の劣化状況、損傷具合など、建物の細部まで数多くの項目を調査します。

特定建築設備の定期報告

建築設備には、非常用照明設備・換気設備・排煙設備の3種類の調査項目があります。建築設備の調査報告は、非常時の避難経路の安全確保の為に設備に不備・不具合がないかどうかを調査します。

防火設備の定期報告

定期報告の手順

行政からのお知らせ

該当する該当する建物の所有者または管理者に定期報告制度の報告義務のお知らせがお知らせが届きます。

調査事前調査事前打ち合わせ

調査の前に調査の前に、建築図面・建築確認申請書をご用意下さい。事前内容の概要を説明して見積書を見積書をお渡しいたします。

建物現地調査

建物・建築設備を検査項目に検査項目に沿って調査します。調査内容を調査内容をまとめ調査内容をまとめて報告書を報告書を作成します。

調査報告

建物所有者または管理者に調査内容を説明して今後の管理方向性管理方向性を決めます。行政に最終報告書類を提出します。


見積もり・調査無料
まずはお気軽にお問い合わせください!

オンラインでお問い合わせ

お問い合わせ

受付:24時間いつでもOK

お電話でお問い合わせ

 0120-888-258

フリーダイヤル受付:9:00~18:00

営業許可登録

  • 香川県消防設備協会会員
  • 登録番号 37-1-068

  • 登録電気工事業
  • 香川県知事登録 第29-00-0774

  • 産業廃棄物収集運搬業
  • 許可番号03703173854

  • 建築物環境衛生管理技術者
  • 厚生労働大臣 第105448号

  • 建築物飲料水貯水槽清掃業登録
  • 香川 令元 貯 第1号

  • 建築物排水管清掃業登録
  • 香川 令元 排 第1号

会社概要

  • 本社
  • 株式会社スカイテクノス
  • 〒761-0301 うどん県高松市林町690-1
  • [TEL] 087-887-7652
  • [FAX] 087-887-7653

オンラインでお問い合わせ

お問い合わせ

お電話でお問い合わせ

0120-888-258